明田副港店で8カ月ぶりとなる競り復活 今後は毎週日曜に実施

8カ月ぶり復活した明田副港店の競り

 魚常明田鮮魚副港市場店で8日、新年を祝い昨年4月以来になる競りがあり市民で賑わった。
 市民が参加できる催しとして、2021年4月のオープンから毎週日曜日に開催し好評だった競りだったが、昨年4月下旬以降はコロナ禍対応のため一時中止。8日から8カ月ぶりに復活し、4月末まで毎週日曜日に開催する。
 午前10時30分からスタートした競りには刺身盛り合わせ、野菜詰め合わせ、ホッケ、クジラのベーコンなど20種類の商品が用意され、明田常臣会長が値段を発表すると同時に参加者は一斉に数字のついた団扇を上げ目当ての商品を購入していた。
 久しぶりの競りで70人以上の市民が参加したことに、明田会長は「少しでもマチが元気に活気づくような競りにしたい。色んな商品を用意していますので是非、4月末まで毎週日曜日を楽しんで頂きたい」と話していた。

コメントを残す