ふれあい公園谷間の冒険広場 新遊具のデザイン決まる

発表された新遊具のデザイン

 来年度、一新される宗谷ふれあい公園の谷間の冒険広場の遊具のデザインが決まった。
 開園から20年以上経過し、現在ある20種類の遊具の老朽化が目立ち一部は使用できない状況にあることから、来年度以降の更新が予定されている。
 これを受け、稚内建設管理部では住民の意見を取り入れた遊具を導入することにし、「不思議な木造船」をデザインテーマにした9種類の案の投票をビジターセンターで行ったところ、来園した人から340票の投票があった。
 約100票を獲得し決まった遊具の案は、2つの滑り台やトンネル型の滑り台、木造船型の遊具のあちこちに登る場所などがある複合遊具になる。
 デザインはビジターセンター入り口に掲示されている。

コメントを残す

前の記事

天北堆

次の記事

時の話題 「永年企業」