高齢の男性が運転する車が図書館に突っ込む 臨時休館し25日に再開

図書館の正面玄関に突っ込んだ車両

 22日午前10時前、男性が運転する普通乗用車が市立図書館の正面玄関に突っ込んだ。現場はガラスが飛散するなど一時騒然とした。
 突っ込む瞬間を目撃した図書館職員によると、駐車場の障がい者用スペース付近から玄関に向かって走行してくる車が見え、そのまま図書館前の自転車駐輪スタンドを踏み越え正面玄関左側のガラス扉に衝突し停車。館内ロビーにはガラスが飛散し、車両前面はボンネットが開くなど大破し、一時は煙が上がっていたという。
 ドライバーは高齢者の男性で、ブレーキとアクセルを踏み間違えた可能性があり、エアバックが作動した衝撃で胸の痛みを訴え市立稚内病院に搬送された。開館前だったため来館者はおらずケガ人はいなかった。
 図書館職員は「鍵を開けようと玄関に向かって行くと結構なスピードで車が突っ込んできた。開館前で来館者がいなくてよかった」と話していた。
 玄関の応急処置をするため、同館は午前11時から23日まで臨時休館する。
 24日は定例休館のため25日から再開する予定にある。

コメントを残す