山本建設が富磯小グラウンドで雪割り奉仕作業 大森社長も自ら重機で雪割り奉仕作業

 山本建設が5日、富磯小グラウンドで雪割りの奉仕活動を行った。
 学校前の国道238号の維持管理と除雪作業を担当している山本建設では、6年前から社会貢献活動の一環として雪割り作業を行っており、5日午前中、大森社長が重機を操作しグラウンド中央部分に残っていた雪を崩しながら取り除いた。
 小川倫央教頭は「雪割り作業によって、子供たちがグラウンドで早く遊ぶことができますので本当に有難いです」と感謝していた。

コメントを残す