稚内地方 今夜から大荒れの天候で26日まで暴風雪に警戒

 発達した低気圧の影響で稚内は24日夜から26日にかけて暴風雪となる恐れがあり、稚内地方気象台は見通しのまったくきかない猛吹雪や吹きまりによる交通障害、暴風、高波に警戒を呼びかけている。
 気象台によると、発達した低気圧が宗谷海峡付近を通過する影響で24日午後6時以降、北西の風が雪を伴って非常に強く、最大瞬間風速は陸上で35㍍を予想。波も6㍍と高く、夕方までには暴風雪、波浪警報を発表する。
 上空5500㍍付近に氷点下45度以下の強い寒気が入ることから24日から26日にかけて断続的に雪の降り方が強まり、大雪となる恐れあり、25日朝までに多いところで30㌢前後を予想。気象台は「乾いた雪が強風で舞うためホワイトアウトになる恐れがあり」と警戒を呼び掛けている。
 風雪注意報が発表されていた24日午前中、宗谷岬で19・9㍍の最大瞬間風速を観測。市街地は時折、吹雪きで視界が悪くなり、ライトを点灯させ走る車もあった。

コメントを残す