地元愛育成協主催の冬レンジャー復活 3月12日には大抽選会

 稚内地元愛育成協議会主催の稚内の冬を遊びつくせ!「冬レンジャー2023」が29日に大沼で開かれるスノーアタック2023を皮切りに1カ月間開催される。
 期間中は各会場に設けられたスタンプを押すと1ビンゴに付き1枚の抽選券と引き換える。3月12日午後2時から文化センターで豪華景品が当たる大抽選会が行われる。
 新型コロナウイルスの感染拡大により抽選会ができなかった2020年のカードをもっている人は抽選会場で抽選券と引換する。
 イベント次の通り。
 ▽29日午前8時30分=大沼スノーアタック2023▽2月1日~28日=宗谷ふれあい公園スノーランド▽2月11、12日午前10時=2023わっかない氷雪の広場(中央公園・キタカラ前駅前広場)▽11日午後5時=アイスキャンドル夢灯り(図書館・大黒バス通り)▽11日午後5時=中央アイスキャンドルロード(中央商店街)▽11日午前10時=WCFわっかないコーヒーフェスティバル(キタカラ)▽25、26日午前9時=JAPANCUP2023第38回全国犬ぞり稚内大会(大沼特設会場)
 2020年の冬レジャーはスタンプラリーを実施したが、新型コロナ感染拡大を受け、抽選会は中止された。21年以降はコロナ禍で開催できずにいたが、担当者は「各団体同士の連携したイベントを開催することで、稚内の冬の楽しさや賑わいを感じてもらいたい」としている。

コメントを残す