天北堆

 氷雪の広場の3年ぶりの開催が決まり実行委員会事務局の商工会議所から発表された。コロナ禍中、稚内市民も塗炭の苦しみを舐め昨年夏のみなと南極祭りが開催直前に中止が決まり、文化センターを唯一、満席にする名士カラオケ歌謡祭も寸前に中止されるなど散々だったが、広場イベントの中心になるJCの若者達の熱い心により開かれることになった◆堆子など年寄りが口出しすることではなく、これからの稚内を背負っている若者の「やる」という心持が大切で子どもたちの歓声が響くこと祈っている。

コメントを残す