天北堆

 力のない者が現在の地位を去るのはもっともな事であり、先場所の御嶽海に続いて正代も大関を陥落するのが決まった◆往年の名横綱で旭川出身の北の富士さんは「心が萎えいている」と身体的なことより精神的な脆さというのか、やる気の無さを指摘していたが、宜なるかなである◆大相撲は次なる大関を目指そうとする若手の台頭が著しく、その荒波に2人の元大関がのまれてしまった。慢心はなかろうが、気の緩みが奈落の底に陥る端緒となった◆二人とも20代後半と先が長い。今一度の奮起を期待したい。

コメントを残す