3年ぶり稚内建設協会新年交礼会

 稚内建設協会の新年交礼会が6日夜、サフィールホテル稚内で開かれ、出席した会員らが業界の飛躍と発展を願った。
 富田会長は「コロナ禍やロシアによるウクライナ侵攻によって建設資材の高騰などで厳しい状況にあるものの、地域の安全・安心の守り手としての役割を果たしていきたい」と挨拶。続いて武部衆議、吉田道議、佐々木開建部長が祝辞を述べ、工藤市長の乾杯の音頭で祝宴に入った。

コメントを残す