時の話題 「日頃の貢献」

 普段、Jリーグなどサッカーのテレビ観戦はしないが、ワールドカップとなると矢張り日本の勝敗が気になる。もっぱらスポーツニュースで結果を知るだけだが、初戦ドイツに勝利した時、アトランタ五輪の予選でブラジルに勝利した「マイアミの奇跡」を思い起こした。
 今回、格上のドイツに勝利し、俄かファン含め日本中が沸いたのも束の間、格下と見られるコスタリカに破れ、SNSにはミスした吉田選手に非難が殺到したという。
 確かに彼らはボールを蹴ってメシを食うプロなのだが、吉田選手のミスは、画面上で見る限り我々には計り知れない何かがあったに違いないと思った次第だ。
 それより吉田選手がこれまでどれだけ窮地を救い、日本の勝利に貢献してきたか。サッカーファンなら知っているはずだ。
 人間は誰もがミスをする。ネットで非難する人たちも、社会人であれば企業に勤め会社の業績を上げるため仕事をし、その対価として給与をもらっているはずだ。1度のミスで業績悪化となれば当然本人の処遇にも関わる。ミスをしないのが一番だが、ミスをして成長するのが人間、またミスを挽回するのも人間である。
 ベスト16入りした日本だが、悲願の8強入りは果たせず悔いの残る大会になったか。
 話しは変わるが、来春の統一地方選挙。現職議員は4年間で市勢発展にどれだけ貢献したのか。企業でいうところの業績をあげたかは自分自身でしっかりと検証してもらいたいものだ。市民の審判は近づいている。

コメントを残す