北門神社 社務所で新年向け縁起物販売の準備着々

きのうから販売している破魔矢など縁起物

 新年に向けて、北門神社の社務所に縁起物などが取り揃えられ、買い求める人が年の瀬が近づくにつれ増えている。
 山本紘輝禰宜ら神職が1日のお祓いの神事でコロナが一日でも早く収束すること、正月までの残り1カ月を無事に過ごせることなど家内安全、商売繁盛などの願い込め祈祷し、袋詰め作業を終えた御札や御守り、破魔矢、熊手、絵馬などの縁起物を2日から社務所で販売している。
 開運や家内安全、来年の干支「卯」などが描かれた40種類余りの御守りや縁起物のほか、コロナの早い収束を願う「厄疫消除」と記された御札も用意している。
 山本さんは「年末まで時間はありますのでゆっくり密をさけて来て頂き、縁起物により清々しい気持ちで新しい年が迎えられるようにしてほしいです」と話していた。
 神社では27日午前9時から本殿の今年一年の汚れを払う儀式「すす払い」を行い、新年に備える。

コメントを残す