寒波襲来 声問川の結氷始まり、大沼も同様に冬の景色に

寒波で結氷が始まった声問川本流

 11月下旬以降、氷点下の寒さが続いていることから声問川本流で結氷が始まった。
 例年であれば12月中旬から結氷が始まる声問川だが、季節を1ヶ月先取りし30日以降、1月上旬並みの寒気が居座っている影響で、1日は声問で今冬一番の寒さとなる氷点下8・4度まで冷え込み、2日も氷点下7・4度まで下がったことから白鳥大橋より上流に向かう川面で結氷が進んでいる。
 本流同様に大沼も未だ薄い氷とはいえ、9割ほどが氷に覆われ、バードハウスの夏季開館を終えるまで10羽余り残っていたハクチョウなど野鳥の姿もなく沼はひっそりとしている。

コメントを残す