貧者の一灯の真心 杉本社協会長らが歳末たすけあい街頭啓発

相澤食料百貨店前での街頭募金

 歳末たすけあい募金が1日から全国一斉に始まり、稚内では稚内市社会福祉協議会などが市内6カ所のスーパー前で街頭募金を行った。
 朝から風雪強く真冬並みの寒さの中、相沢食料百貨店前など中央アーケード街、キタカラ前で杉本市社協会長、川野副市長、横澤副議長ら10人余りが募金箱を持ち、道行く市民や買い物客に「募金をお願いします」などと協力を呼びかけていた。
 杉本会長は「今月末まで運動を展開していきますので、困っている人のため皆さん浄財を是非お願いします」などと協力を求めている。
 3日午前10時30分からは中央アーケード街、西條稚内店前など6カ所で稚内市赤十字奉仕団、稚内厚生保護女性会などが参加し募金街頭啓発を行う。
 共同募金委員会は今月末まで470万円を目標額に歳末たすけあい運動を展開していく。

コメントを残す