サイクルセンター運用費として200万円寄付の稚内資源協同組合に稚内市から感謝状

感謝状受け取った吉野代表理事と石川専務理事

 来春、運用を始める新リサイクルセンターの管理・運営費のため200万円を寄付した稚内資源協同組合に稚内市から感謝状が贈呈された。
 リサイクル事業などに関わる市内4社で構成する組合は平成5年の創立から30年余りの長き亘り、事業を行う上でお世話になったとして、来年4月から共用開始する新リサイクルセンターのためとして寄付した。
 29日午後に行われた贈呈式には組合の吉野照平代表理事、石川澄夫専務理事が出席。工藤市長から感謝状を受け取った吉野代表(80)は「長年お世話になり恩返しと思い寄付させていただきました。新リサイクル場のために使っていただきたい」と話していた。

コメントを残す