週末雑感

 元々、何かと忙しい商売なのだが、カラー印刷機を搬入した今週は輪をかけドタバタした。製版機含めたセッティングは別にし24日から始めた印刷もこれまでとは段取りというのか勝手が違い上手に時間を使えず新聞作りに支障が生じてしまったが、大きなトラブルなく読者の皆さんに新しいプレスを届ける事ができ安堵している。
 手前味噌はほどほどにスポーツ談義に移らせてもらうが、大相撲九州場所の予想は見事に外れそうで優勝予想の大関貴景勝はギリギリ残るも前大関の関脇御嶽海は二ケタどころか勝ち越しも危うく、角番の大関正代は負け越してしまい、賜杯は元大関の高安が11勝2敗で単独トップに立ち貴景勝、関脇豊昇龍、大鵬の孫王鵬らが3敗で追うという混沌とした場所となった。3力士とも優勝経験が無く今年は6場所とも賜杯力士が違うという大相撲史上31年ぶり3度目の珍事となる。
 今年初場所に優勝し大関になった御嶽海には未だ々々頑張ってほしかったが、ケガには勝てず最後は精神的にも勝負に負けていた。
 心・技・体が充実せねばならない相撲界では生きて行けない事今更ながら教えられた。
 サッカーW杯ドイツ戦は森保監督の采配がズバリ当たったが、勝負の世界でのズバリは滅多に無くコスタリカ戦もかなり伯仲した一戦となろうか。
 技・体以上に重要な「決して負けない」という心持が勝敗を決める。仮に勝ってもドイツが巻き返せばスペイン含め3チームが2勝1敗となり得失点差で決まる。決勝トーナメント戦進出は下駄を履くまで分からない。

コメントを残す

次の記事

天北堆