天北堆

 小雪が舞う季節を迎え一昨日は二十四節気の小雪であった。文字どおり少ないながら雪が降る時候なのだが、今月はここまで積る気配なく拍子抜けしている◆あと一週間すれば今年を締めくくる師走になるのだが、雪国に住む我々にとって雪が無い年の暮れというのはしっくりこない◆20年以上前になろうか、その年の暮れも温暖で年の内は積雪ゼロだったが、お返しとばかりに新年元日から間断なく降り続け折角の正月休みが雪かきに終わったという事もありましたっけ。冬将軍さまの気分次第でありまして。

コメントを残す