出演者21人決まる 文化センター会場 名士カラオケ歌謡祭

 12月4日午後0時30分から文化センターで開かれる稚内市文化協会主催の第41回稚内市名士カラオケ歌謡祭の出場者と発表順が決まった。
 コロナ禍で3年ぶりに復活する歌謡祭は21人が出場。オープニングセレモニーとして文化協会員有志15人が「稚内音頭」を踊り、稚内信金の増田雅俊理事長がトップを切り登場し「高校三年生」を披露する。
 ▽第1部 ②吉田正人道議「Friend」、③中田伸也稚内商工会議所会頭「君を忘れない」、④辻井宏文宗谷総合振興局長「君の瞳は10000ボルト」、⑤富田伸司稚内建設協会会長「なごり雪」、⑥中澤和一稚内海友会長「母さんへ」、⑦奥村由美子国際ソロプチミスト稚内会長「花は咲くプロジェクト」、⑧野原善紀稚内ロータリークラブ会長「明日があるさ」、⑨今野亘稚内市校長会会長「夏の終わりのハーモニー」、⑩横澤輝樹市議会副議長「涙そうそう」、⑪中川昇稚内市文化協会会長「人生百年桜」
 ▽第2部 アトラクションとして稚内海峡太鼓保存会が「和太鼓」披露後、⑫工藤広市長「男の船唄」、⑬小川文三市社協理事・市町内会連協副会長「長崎の鐘」、⑭柳本誠航空自衛隊第18警戒隊長「TSUNAMI」、⑮内海雅雄稚内海保部長「オトナノススメ」⑯田村厚己稚内署長「お嫁サンバ」、⑰山本泰照稚内地区保護司会会長「世界にひとつだけの花」、⑱貝森好文稚内南ロータリークラブ会長「恋のメキシカンロック」、⑲門脇憲司稚内市教頭会会長「恋」、⑳小寺亘稚内青年会議所理事長「島人ぬ宝」、佐々木純稚内開建部長「マツケンサンバⅡ」
 最後は全員で宗谷岬を合唱する。
 17日の三役による理事会で発表順などを決めた文化協会の中川会長は「3年ぶりに歌謡祭を開催するのを決め発表してから楽しみにしている声が多く聞かれます。感染対策をしっかりし準備していきたい」と話していた。

コメントを残す

前の記事

週末雑感