3年ぶりに新酒祭り 19日大黒ビルで表彰式後に

 稚内と友好都市にある鹿児島枕崎市との交流事業として、酒造メーカー「薩摩酒造」(本坊愛一朗社長)が主催する新酒まつり2022児童書道展表彰式は、19日午後3時30分から大黒ビル3階で開かれる。
 市内小学生を対象に1~3年生までは「いも」、4~6年生は「新酒」を課題に募集した結果、80点の応募があり、最優秀賞などに決まった入賞者21人に対し本坊社長から賞状などが授与される。
 表彰式に合わせて、コロナ禍で3年ぶりに新酒を祝う「わっかない新酒まつり2022」が同じ会場で午後6時から本坊社長ら薩摩酒造の関係者5人、稚内コンカツプロジェクト実行委員ら30人余りが出席し開かれる。

コメントを残す