家族で街歩きツアー 通算4度目の来市 香港のリンさん一家

竹内さんの案内で科学館に向かうリンさん家族

 稚内和服でおもてなし実行委員会(竹内ひとみ代表)による街歩きツアーで過日、稚内を何度も旅行に訪れている香港のリン・メイ・ケンさん(37)の家族5人が着物姿で市内の観光スポットを散策した。
 日本の最北の地に魅力を感じ2012年に1人旅で初めて稚内を訪れたリンさん。その後、結婚して16年に妻と稚内に来た時に初めて竹内さんのおもてなしツアーに参加。翌17年には父親と母親も連れて2回目のツアーに参加し、そして今回は3歳になる娘を連れて家族5人で3回目のツアーに参加するため来市した。
 竹内さんに着物を着せてもらった5人は青少年科学館で花火のデジタル映像「ハナビリウム」を鑑賞したあと水族館やノシャップ岬・恵山泊公園、稚内公園、北防波堤ドームなどを回った。
 3歳の娘には七五三で着る赤い祝い着を着せてもらい、5年前に稚内に来た時、思い出深かった稚内公園からの眺望を堪能したリンさんは3回目の街歩きツアーを終え「家族5人で着物を来て、稚内を楽しめました。稚内は大好きな街なので、また遊びに来たい」と話していた。
 リンさん家族が稚内を離れたあと1週間後にメールで連絡が来たという竹内さんは「街歩きや稚内に何度も来て頂き感謝の言葉しかありません」と話していた。

コメントを残す