天北堆

 商工会議所の永年企業表彰で創業100年を迎えた相沢食料百貨店と山一山本商店に共通するのは共に社長自ら店頭に立ち従業員と共に働くということであろう。商人とはこうあるべしという教えを実践する社長お二人には頭が下がる◆100年といえば稚内の浮き沈みを体現しており潰れた所があれば、昔以上になっている所もあり人生の悲喜交々を言い尽くせぬほど目にしてきたことだろう◆そう言う小社も2年前に創業70年となり表彰されているが、この先も稚内の報道に徹し検証していく存念にある。

コメントを残す