時の話題 「会議所の懇親会」

 商工会議所の臨時議員総会後の懇親会に出席した。隣席の小林俊夫前副会頭と肝胆相照らし終了後には南RCの飯﨑前会長らと酒を飲み交わし遠慮なく侃々諤々の議論をし実りある一夜を過ごした。
 各業界の代表者が就任するという不文律になっている副会頭に中田会頭と同じ建設業界の石塚英資氏が選任されたことには違和感生じるも、石塚氏の人望ある人柄から妥当な人選といえ中田会頭が将来的布石を打ったなとの印象を強く持った。
 水産業界を代表する小林副会頭の後任に同じ業界出身者と均衡を重んじたい思惑もあったろうが、4期12年間の実績がある中田会頭への信頼は厚いものがあり議員各氏が会頭の任命を承認したのであろう。
 懇親会真っ只中、別のテーブルにいた辻井宗谷総合振興局長が筆者の許にやってきて小社記者の日頃の取材に感謝していたが、この方、頭の低い人で当方も平身低頭するばかりであった。
 散会後は気が置けない南RC会員4人と大黒のスナックで合流し和やかに歓談した。胸襟を開き己々の立場を認めるという雰囲気で場は進み、在り来たりだが至福の一刻を過ごした。
 人と親睦を深めることの大切さを改めて実感すると共に、コロナほか世間の憂さも晴らす一夜であった。仲良くとも啀み合う関係であれ家族や会社以外の人達との交流は自らを高めることに寄与すること改めてだが認識した次第だ。
 平穏と喧騒が交錯する世の中にあって恨み辛みだけでない係わりのある人達との縁に感謝している。

コメントを残す

前の記事

天北堆