中田会頭5期目に 商工会議所 新副会頭に石塚英資氏

中田会頭を中心に手を取り合う新役員面々

 稚内商工会議所は1日、サフィールホテル稚内で第146回臨時議員総会を開き、中田伸也会頭(63)の5期目の続投を決め、副会頭には今村光壹氏(73)=6期目=、中場直美氏(63)=2期目=のほか新たに石塚英資氏(62)が就任した。監事は菊池工(山本建設)、高木茂樹(稚内製綱)両氏。
 中田氏が挨拶したあと、事務局の推薦により中田氏の会頭続投が満場一致で決まった。
 退任した小林俊夫氏の後任には石塚氏、専務理事には達英二氏を再任し、5人で手を取り合い稚内の更なる発展を誓った。任期は2025年10月末。
 退任議員の表彰では藤田幸洋氏と中居詳住氏に稚内商工会議所と日本商工会議所表彰、菅原富治氏に稚内商工会議所表彰が贈られた。11期34年在任した藤田氏は名誉議員に推戴された。
 総会前には13期39年在任した故櫻井安夫氏への表彰があり、中田会頭から髙島健吾さん(桜井電業所社長)に感謝状、日本商工会議所表彰が手渡された。櫻井さんは名誉議員にも推戴されている。

 同日夜、同ホテルで開かれた懇親会で中田会頭は「コロナ禍や物価上昇と取り巻く環境は、過去の経験で語れないほど厳しい状況。会議所として要望活動や意見・政策提言活動の展開など重点に取り組んで参りたい」などと挨拶した。
 常議員次のとおり。
 菅原耕(瀬戸漁業)富田伸司(富田組)、小林俊夫(山大小林商店)、中陳憲一(中央水産)、風無成一(日東水産)、坂原勇次(米倉水産)、佐藤文彦(稚内港湾施設)、貝森輝幸(錦産業)、増田雅俊(稚内信用金庫)、飯﨑仁一(北武建設)、吉田幸徳(国境)、奈良満(宗谷漁業協同組合)、高橋淳一(稚内衛生公社)、東海且典(ハートランドフェリー)、根井敬(そうべい)、板垣和久(稚内農業協同組合)増田直輝(北海道銀行)、山岡修司(北洋銀行)、岡田直行(稚内漁業協同組合)、藤田隆明(藤建設)

コメントを残す