子供から親に感染拡大 原田保健所長 マスク、消毒など呼びかけ

 原田稚内保健所長は31日、開かれた定例報道懇話会で30日現在の管内新型コロナウイルス感染状況を明らかにした。10月中旬から児童らを中心に感染が拡大しており、手指消毒など感染対策の徹底を呼び掛けた。
 30日現在、10万人当たりの新規感染者は678・4人と過去最多だった8月中旬の759・6人に迫っており10歳未満の子どもたちから20〜40代の親世代に感染が広がっている状況にあるとした。
 これらを踏まえ、原田所長は基本的な感染対策、マスク会食の徹底やオミクロン株に対応したワクチンの接種のほか、高齢者のインフルエンザワクチン接種も求めている。

コメントを残す