観光活性化協 あすから旅行者が飲食店などで応援クーポン使用

あすから始まる応援クーポン事業

 わっかない観光活性化促進協議会は、30日から市内宿泊の旅行者を対象に市内飲食店など93店舗で使える「わっかない応援クーポン」事業を開始する。
 コロナ禍で落ち込んだ観光産業を支える経済対策として、市内宿泊施設(登録16)に専用プランで泊った旅行者に土産店など小売(41)、飲食店(同)、交通機関(11店)で各1000円ずつ使用できる3000円分のクーポン券を発行。ツアー客1人に対しては小売、飲食店用各1000円ずつの2000円分を渡す。
 秋・冬観光に合わせてのクーポン事業は、来年2月28日まで配布・利用できるが、予算の上限に達した時点で終了する。
 今回のクーポン事業で6億7200万円程度の経済効果が見込まれており、事務局の稚内観光協会は全国旅行支援も行われており、市内での消費を促し経済活性化に繋がることを期待したいとしている。

コメントを残す