時の話題 「忘年会開催向け」

 十人台の感染から一気に93人(26日)にも増えてしまい黄色から青色に変わろうとした矢先の宗谷管内での新型コロナウイルス感染者。オミクロン株は幼児と小学生を狙い討ちしているかのように子供が増加している。
 24日午後11時59分現在、全国の感染者は1万6852人で、東京都が1735人と最も多く北海道は二番目の1582人。第7波のピークだった8月19日の8632人からは82%の7050人減っており、徐々に収束に向かっているが油断ができないのは確かだ。
 一番の原因は気温が下がり換気が難しくなるからであり、マスク着用、手指消毒が今まで以上に感染を防ぐ手立てになる。
 個人的には事業所、学校、幼稚園など人が集まる場所での二酸化炭素測定器導入を奨励する。小社では1年以上前に測定器を設置しCO2数値が高くなると必ず換気するようにしている。このため人の出入りが多い職場だが、社屋内で感染した社員はおらず、測定器は意識付けという意味でも奏功したようだ。
 あとは再三再四、記すようワクチン接種であろう。ごもくさ文句をたれず接種するべきで職場、家庭など地域単位で接種率を上げ稚内市民全体が免疫を持つようにすべきだ。
 GoToトラベルに代わる旅行喚起策により来市する旅行者が増えているが、当たり前の防止策を講じれば恐るるに足らず収束へ向かうことだろう。
 これから忘年会シーズンになる。小社ではコロナ禍でも細心の注意を払い催してきたが側聞では中止したところも。今年は開催できる所が増えそうだ。

コメントを残す