都庁でコンカツカフェ 友好都市提携10年 稚内と枕崎の特産品販売

 鹿児島県枕崎市と稚内市の友好都市締結10周年記念事業として、東京都庁の全国観光PRコーナーで11月2日~8日までの7日間、稚内と枕崎の特産品が販売される。
 両市は最北端と最南端の駅舎がある縁で平成24年、友好都市を締結して以降、観光や物産、青少年交流など様々な形で交流を続け、特産品である稚内のコンブ(コン)と枕崎の鰹(カツ)を活用したコンカツプロジェクトという連携事業も行っている。
 都庁でのPRコーナーで〝枕崎市・稚内市幸せコンカツフェア〟と銘打って、稚内から「稚内牛乳アイスクリーム」「ごはんどろぼう鮭」「利尻白とろろ昆布」。枕崎から「ボニートチップス」「枕崎鰹節本枯節」「いも焼酎〝白波〟」などが販売され、両市の観光を都民にPRする。

コメントを残す