本番さながら強盗防犯訓練 ろうきん稚内支店で稚内署

 稚内署は19日夕方、ろうきん稚内支店で強盗防犯訓練を行い、職員が本番さながらの訓練で対応を確認した。
 20日まで展開中の全国地域安全運動の一環として行われた訓練には、ろうきんの職員10人が参加した。
 強盗犯に扮した稚内署の警察官がナイフを手に現金を要求してきたことを想定し訓練は行われ、職員は犯人の要求を聞きながら服装や身長などの特徴を覚え、通報するまでの手順など確認した。
 電話しながらATMコーナーを操作する来店客を想定した特殊詐欺被害防止訓練も行った。
 佐藤稚内署生活安全課長は「実際にはお客さんがいて皆さんが業務している営業中に事件が発生する。訓練を通し警察に必要な情報を伝えてほしい」などと講評した。
 向井啓ろうきん稚内支店長は「訓練が参考になった。稚内署と協力し防犯意識を高めて行きたい」と話していた。

コメントを残す