天北堆

 東浦や稚咲内でヒラメ稚魚が放流され19、20日と抜海漁港でも行われ全部で10万匹にもなった◆浜値が高く高級魚のヒラメは日本海沿岸で獲れるが、稚内の沿岸では水揚げ量が少なく打開しようと漁協や振興局で構成される栽培組織が平成8年から始めたもので、この27年間で618万匹も放流している◆以前は振興局(水産課)からヒラメ漁獲量が公表され放流事業が奏功し増えていたが、今はどうなのだろうか◆地球温暖化によって海に異変が起きているのでもっと北方海域に生息しているやも知れない。

コメントを残す