好調な水揚げ続く 管内サケ定置網漁 9月末で36%増268万匹

 宗谷海調委は、9月下旬(21〜30日)の秋サケ定置網漁獲状況を発表した。
 オホーツク海西部136万5534匹(昨年同期対比44・2%増)、36億238万円(同59%増)、日本海北部10万329匹(同57・5%増)、2億1514万円(同34・4%増)の146万5863匹(同45%増)38億1753万円(同57・4%増)。 
 1匹当たりの平均単価は2144円(昨年2513円)。昨年より369円上回った。
 30日までの累計はオ海253万885匹(同35・4%増)69億7601万円(同41・8%増)、日本海北部15万4357匹(同46・3%増)3億4610万円(同28・2%増)の268万5242匹(同36%増)73億2211万円(同41・1%増)。
 漁協ごとの数量。
 〈オ海〉▽枝幸 80万1299匹(同40・9%増)累計148万697匹(同29・7%増)▽頓別 8万1621匹(同6・3%減)17万5827匹(同7・3%減)▽猿払村 17万8931匹(同11・4%増)36万288匹(同18・9%増)▽宗谷 30万3683匹(同2・3倍)51万4073匹(同2・1倍)
 〈日本海〉▽稚内10万329匹(同57・5%増)15万4357匹(同46・3%増)。

コメントを残す