赤い羽根スタート 副市長と菊池会長にメッセージ

メッセージを受ける川野副市長

メッセージを受け取る菊池会長

 赤い羽根共同募金運動が1日から全国一斉に始まり、稚内空港には赤い羽根空の第1便が到着。厚生労働大臣と中央共同募金委員会会長のメッセージが川野副市長と菊池稚内市共同募金会長に伝達された。
 伝達式ではANA旅客係員の山田淳美さんが加藤厚生労働大臣の「日本の募金運動の草分けとして、住民が相互に支え合う地域づくりの原動力となってきた赤い羽根運動が力強く展開されることを願っています」、中野しずくさんが清家中央共同募金会長の「地域で課題を抱える方々への支援が今まさに求められております」などとのメッセージを川野副市長、菊池会長に手渡した。
 メッセージを受け取ったあと川野副市長は「大変なご時世ではありますが、募金運動の趣旨を理解して頂き協力をお願いしたい」、 菊池会長は「コロナなどで困っている方が、いますので力添えをお願いしたい」などと話していた。
 このあと、午後1時から川野副市長ら関係者30人は、市内の大型スーパー前など6カ所で市民らに募金への協力を呼びかけた。
 稚内市共同募金委員会では、12月末までの運動期間中、520万円を目標に協力を呼びかけていく。

コメントを残す