抜海駅存続で温度差 千葉、相内市議の議会報告会

 千葉・相内両市議は24日、南地区活動拠点センターで第13回議会報告会・公聴会を開催した。
 JR抜海駅の存続、こまどり病院閉院に伴う対応などについての一般質問内容について報告。市民からは抜海駅の存続について「宗谷線を残すためにも駅を残すべき」との意見があった一方、「周りで存続すべきとの声は聞かない」と言った声もあり、抜海駅近隣住民と市街地での住民に存続に関して温度差があることも分かった。
 このほか、21日に開かれた民生文教常任委員会で報告があった一般ごみの排出量について「分別で町内の役員は大変な思いをしている」、「分別に関して更なる広報が必要ではないか」との不満や意見が多かった。

コメントを残す

前の記事

天北堆

次の記事

時の話題 「地球温暖化」