管内の病床使用率40%に 稚内保健所が感染対策、PCR検査呼び掛け

 稚内保健所は、18日現在の宗谷管内の感染状況をまとめた。
 12~18日までの新規感染者は54人おり、18日現在では自宅療養者63人、宿泊療養者が1人いる。入院している人は10人と一気に増え、管内の病床使用率は40%まで上昇した。
 道外や札幌など感染拡大地域からの帰省、家族以外との飲食の機会でマスクを着用せず会話したことによる感染が増えており、年代別では30代以下が約半数を占め、40代以上も増加傾向にある。
 オミクロン株のBA・5への置き換わりで感染者の増加が予想されることから、帰省の際は無料のPCR検査を受けること、マスク着用、換気を適切にするよう求めている。

コメントを残す