「夢と希望持てる故郷作り」 参院選 船橋候補が稚内入り

 自民党新人の船橋利実候補(61)が1日夕方、稚内入りし西條百貨店稚内店前で街頭演説し支持を訴えた。
 支持者150人余りを前に、ロシアによるウクライナ侵攻などで食料や原油の価格高騰などに触れ「ロシアがウクライナに侵略を続けているうちは物価高騰は終わらない。国難ともいえる状況を解決するのが政治の仕事で、だからこそ自公連立の安定政権が必要」と訴え、稚内の風など再生可能エネルギーについて「地域の中で有効に使う地産地消に向けて自治体で力が及ばない所は、国の責任でやっていきたい」と述べた。
 最後に「収入を上げていく地域作りの経済政策を稚内、宗谷、北海道で実現したい。夢と希望を持てる故郷作りに取り組む」と力を込めた。

コメントを残す