「消費税下げなければ」 参院選 徳永候補稚内入り

 3期目の当選を目指す立憲民主党の徳永エリ候補(60)が30日、稚内入りし市役所前で演説し支持を訴えた。
 支持者を前に徳永氏は急激な物価高、コロナ禍で痛んだ経済や国民の暮らしをどう守るかについて触れ「やるべきことは消費税を下げること。しっかりと訴えて行きたい」と述べた。
 農林水産業について漁業者から海が変わったとの声を聞き「調査研究で原因を解明した上で対策したい。漁業法改正による資源管理は補償とセットでやるべきであり、今後も現場の代弁者としてしっかりやって行きたい」と訴えていた。
 最後に「持続可能な一次産業、国民の食糧安全保障を確保して行きたい。守り繋いで行く責任を持って頑張らせて頂きたい」と支持を訴えていた。

コメントを残す