天北堆

 今から39年前の昭和58年にあった大韓航空機撃墜事件を機に稚内で行われている子どもを中心にした平和の折鶴祭り。長い年月が過ぎると忘れてしまいそうだが、子ども達の鶴を折る姿を見るにつけ、あの日を想い出す◆プレスに入社して2年目の堆子も事件で亡くなった乗客の慰霊のため稚内を出港したフェリーに乗り込み撃墜現場とみられたモネロン島海上で遺家族を取材したのをつい先日あったかのように覚えている◆旧ソ連、そしてロシアによる蛮行は今も変わらない。平和の大切さを噛み締めている。

コメントを残す