天北堆

 JR北海道の廃止方針に対し森会長ら住民の廃止反対要請を受け存続してきた抜海駅の来年度以降の存続は藪の中に。稚内市として管理・維持費に年間100万円拠出するだけなのだが、無駄な金は使わずとばかり市長は一刀両断に◆であれば移動してまで土石流危険のイエローゾーンに建てる市役所新庁舎に理はあるのか◆堆子がかねがね指摘するよう弱い立場の人達に寄り添うのが政治であり、市長の決断は住民の意向を突き放した格好になるのでは◆為政者は清濁併せて吞まねばならないと言われるがはて?

コメントを残す