無病息災など願い 北門神社本殿前に茅の輪設置

 北門神社で1日から本殿前に半年間の厄を払い、身を清めるための「茅の輪」が設けられ、参拝に来た市民らが8の字を描くようにくぐり無病息災など願っていた。
 カヤで作られた直径2㍍ほどある茅の輪は参拝で訪れた人が自由にくぐれるようにしており、残り半年間の健康、家内安全に過ごせるよう夏越しの大祓いの神事が執り行われる今月30日まで設置される。月の始まりで神様に家内安全、商売繁盛などを祈念する月参りの1日朝、本殿で神事も執り行われ、神職が新しい月への無病息災などを祈願していた。参拝者は茅の輪の前で一礼し、左、右、左の順に3回くぐり身を清めていた。
 毎月1日は欠かさず月参りに訪れているというこまどり3の沖野勝雄さん(80)は「家族全員が健康で暮らせることとコロナで色々あったので早く日常に戻ることをお願いしました」と話していた。

コメントを残す