声問4に小型風車 埼玉の業者が国道238号沿いに3基

 声問4の国道238号沿いで、新たな小型風力発電施設の建設工事が進められている。
 太陽光発電や小型風力発電など自然エネルギー事業などを展開する埼玉県の業者が、国道沿い海側の土地を取得し、出力19・8㌗の小型風力発電3基を建設する。
 業者は昨年12月中旬、声問町内会の住民向け説明会で安全対策、完成後は定期的なメンテナンスや点検を実施し安全な施設管理を行うことなど説明した。
 今月に入ってから本格的な設置工事が始まり、既に1基の設置工事は完了し、16日からは2基目の支柱の組み立てやナセルと呼ばれる機関室の設置作業などが行われている。

コメントを残す