65歳以上高齢者対象にワクチン集団接種3回目

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け3回目の集団接種が1日午後から保健福祉センターで始まった。
 稚内市の65歳以上高齢者(約9600人)の集団接種は1日を皮切りに今月は3日、7日、8日、10日、14日15日、17日、21日、22日、24日、28日の12日間(毎週月・火・木曜日午後1時半~4時半)で、一日当たり280人前後、全体で3300人の接種を予定している。
 初日は午後1時半から接種券一体型予診票と2回目までを終えた接種済証を手にした高齢者が検温、予診票などの確認あと3階の接種会場に移動。医師の診察を終えたあと、看護師からワクチンの接種を受け、15分ほど体調に変化がないかなど状態を観察し様子を見守った。
 個別接種は2月22日から市内7医療機関で実施する。今月28日まで700人分を用意している。
 ワクチン接種実施本部の担当者は「感染が拡大している状況にあり多くの市民が早く接種できるよう進めていきたい」としている。
 高齢者に対しての接種は集団・個別含め3月末までの日程で行われ、64歳以下の接種は3月中旬から予定している。

コメントを残す