あすから市内42施設休館 コロナ拡大 温泉童夢は時短営業

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、稚内市対策本部は市内の公共施設42施設を29日から休館することを決めた。
 まん延防止等重点措置期間中、当初は市内の公共施設は原則開館するとしていたが、宗谷管内の感染者が連日、過去最多を上回る状況にあるため、2月4日まで活動拠点センター、体育館、キタカラ内のキッズルームや市民活動室、市立図書館、風~るわっかない、樺太記念館、旧瀬戸邸、水族館・科学館、みどりスポーツパーク、こまどりスキー場、上勇知スキー場などを休館・休業とし、温泉童夢や消費者センター(電話の対応)は条件付きで開館する。
 保育所や学童保育所一般廃棄物最終処分場バイオエネルギーセンターなどは通常通りとする。
 温泉童夢は2月4日まで閉館時間を2時間繰り上げ午前9時45分~午後8時(最終受付午後7時半)までの時短営業とし、施設内の交流ホールやサウナ、マッサージ室など一部を休止する。
 2月5日以降の施設の取り扱いについては感染状況を見据え判断する。
 市は感染防止対策として、不要不急の外出の自粛、マスクの着用手洗いの励行、3密を避けるなど基本的な予防対策を今まで以上に徹底することを求めている。

コメントを残す

次の記事

週末雑感