天北堆

 水夢館の指定管理者である北海道中央研究所(三國正明社長)グループの滝川スポーツクラブが裁判所に破産申請の準備に入ったことで三國社長(滝川クラブも兼務)に水夢館の運営はできないと言質を得たことから市は指定管理者を解くこと決め今月末には解除する。3月末の今年度いっぱいは市直営で運営する◆水夢館は市民の健康づくりと水泳少年団員の練習に欠かせない施設だけに早く新たな指定管理者が決まるよう願っている。ただコロナ禍でどの企業も疲弊する中、手を挙げる事業者はいるだろうか。

コメントを残す