振興局、第三者認証取得急ぐ 大黒など飲食店で緊急調査実施

 まん延防止等重点措置の適用を前に、宗谷総合振興局は24日、市内飲食店10店舗で第三者認証取得の緊急調査を行った。
 まん延防止等重点措置が適用されると、第三者認証を受けていない飲食店は酒類の提供が出来なくなる。通常であれば申請から委託事業者の現地調査まで1~2週間かかり、認証が間に合わないことから、振興局職員が申請のあった店舗に行き認証する独自の取り組みを行うことにした。
 24日、振興局職員14人が7班に分かれ、市内で申請があった飲食店で調査を行い、テーブルにパーテーションが設置されているかなど、認証に必要な19項目をクリアした大黒地区の居酒屋「月うさぎ」に認証書を交付した。
 25日は17カ所で調査を行う。
 日野商工労働観光課長は「ぎりぎりまで希望がある飲食店の認証を行いたい」と話していた。

コメントを残す

前の記事

天北堆

次の記事

きのう蜃気楼出現