厳寒の風物詩出現 きのう声問で気嵐、沼川で霧氷

声問川でのけあらし

木に白い花が咲いたような霧氷

 23日朝、声問地区で霧が湯気のように立ち上がる〝けあらし〟と樹木が白く凍りつく霧氷が見られた。
 けあらしは気温が氷点下10度以下まで下がり晴れて穏やかな天候になると見られる自然現象で、内陸で放射冷却現象が強まった23日朝、沼川で氷点下21・6度、声問氷点下15・6度まで下がった。
 冷気によって海岸沿いや声問川では、けあらしが現れ、沼川では霧氷が出現し太陽の光が霧氷に反射し幻想的な光景を現出していた。

コメントを残す