高齢者宅の除雪奉仕 緑、こまどり地区で大谷高野球部

 大谷高野球部(内谷暁鐘主将)は22日、緑、こまどり地区のお年寄り宅で除雪奉仕活動を行った。
 昭和59年から地域貢献活動の一環として旧校舎があった緑、こまどり地区で、現校舎に移ってからは富岡、萩見地区でも除雪活動を行っている。
 今回の奉仕活動には部員28人が参加し、手分けしてお年寄り宅106世帯での除雪作業に汗を流した。
 1年生の松田来稀君は「野球部を応援してくれている皆さんのため、しっかりと頑張りたい」と話していた。
 こまどり4の自宅での除雪作業を見守っていた畠山雪子さん(80)は「毎日の雪掻きで疲れていました。とても助かります」と感謝していた。

コメントを残す