稚内前浜での銀杏草採り解禁

 稚内の前浜で、厳冬期の風物詩ギンナン草漁が始まり、冷たい海の中に漁師が寒さに耐えながら漁をしていた。
 解禁初日の20日の朝の気温は氷点下5度。時折、吹雪模様の中、宝来〜恵比須地区の前浜ではウェットスーツを着た漁師が岸近くの浅瀬で、箱眼鏡を使って海中を覗きながら岩場などに生えたギンナン草を手で丁寧に摘み取っていた。
 この日は波強く海中が濁り、殆んどの漁師が岸近くで採取していた。漁師歴50年以上になる80代男性は「去年より大きいものがある」、別の漁師は「去年より生育は良いとは言え、量は少ない。沖に行くとある程度は生えていると思うので天候の回復を待って漁をしたい」と今後の漁に期待を寄せていた。
 ギンナン草の漁期は採取状況を見ながら行っていく。

コメントを残す