週末雑感

 年末からの大雪にてんやわんやしている間に新型コロナウイルスの変異種オミクロン株の感染が爆発的に拡大し、7日の新規感染者は6000人を超えてしまった。市中感染も広がっており第6波到来が現実化している。
 世界各国でオミ株感染拡大が進む中にあって日本は外国人入国をシャットアウトするなど水際対策をし封じ込めてきたが、日本でのしょっぱなは沖縄、山口、広島3県の米軍基地の軍人・軍属からで猛烈な勢いで市中に広がっている。
 北海道も6日現在で70人を超え宗谷管内でも1カ月ぶりに感染者が出てしまい、政府は前記の3県に9日からまん延防止等重点措置を適用するという。
 重症化する人は少なく、死者がほとんどないというオミ株とはいえ感染拡大がどこまで広がり、期間はどれほどになるのかなど不安は尽きない。
 ただ感染爆発力はあってもデルタ株以上に収束に向かう度合の速さを指摘する専門家もおり、いたずらに恐れることなく、これまで同様、マスク着用など予防対策を実行していれば、こと稚内では感染は拡大しないものと踏んでいる。
 稚内に限っては当面コロナより大雪の後始末だろう。トラックの手配が儘ならないのか国道・道道の幹線の除排雪は遅々としており、とりわけ市内道道(稚内天塩線)は車がスムーズに走行できず全くもって酷い状況だ。
 この原稿は7日午前中に執筆しており、聞くところによると8日夜~9日朝にかけて緑地区から運搬排雪を始めるようだが、市民生活は置き去りにされており「大喝だ」。

コメントを残す