週末雑感

 昨日朝の道路が白く染められたような霜には驚いた。雪が積もっていれば、このような光景は見られないので天からの贈り物か。見るのも束の間、出勤するため身支度せねばならず普段の朝の所作に忙しく、会社には道路の霜を気にしながら慎重に運転した。
 来週から本来の冬の天候に戻り初めは吹雪模様になるという御託宣も。雪降らず弛緩する心持が幾らか鼓舞されるのか。
 国会では18歳以下の子どもへの10万円支給を巡って野党攻勢に怯んだのか、政府が来春のクーポンでの5万円支給で「現金でも良い」と方向転換。総理就任前のよう岸田さんのグズ振りが目立つも聞く耳を持つ総理だけに聞いた末の方向転換であろうが、クーポン支給の事務手続きで970億円も掛かるというのは税金の無駄遣いであり、国会議員の文通費(月額100万円)の問題といい日本維新の会の得点が際立っている。
 話は変わり稚内市内の潮見が丘小でのいじめ問題で、工藤市長が市議会で第三者委員会を設置し対処するとの方針を示したが、学校と市教委、果ては宗谷教育局の情けなさには呆れる。関係者は給料をもらう仕事をしたんかいなと問う。
 子どもの喧嘩(いじめ)ぐらい学校で解決できないでどうする。いじめられた子どもは既に転校しているのだし被害者の親御さんは加害の子ども、親、そして学校に何を求めているのか。その点を白日の下にさらした第三者委員会での話し合いと解決策を求める。
 親は双方とも子ども達の将来を考え言動しなければならない。

コメントを残す

前の記事

冬の海に蜃気楼

次の記事

天北堆