さようなら北洋丸 佐世保に向かって出港

 稚内水試の調査船北洋丸が7日、来年配備される新造船と交代するため、長崎県佐世保市の造船所へ向け出航した。
 現在の北洋丸は耐用年数の25年を超えたことから、昨年5月から3代目となる新造船を建造。今年9月には進水式を終え、完成後の試運転や現在の北洋丸から新造船に機材関係を移動をするため、船員19人を乗せ佐世保に向かった。
 7日、北洋埠頭で三原場長ら職員に見守られる中、北洋丸は午前10時頃に出航した。
 順調に行けば12日までに佐世保に着く一方、新造船は今月下旬には試運転を行う。年明け早々に船体の最終点検を行い、1月下旬に引き渡され稚内に回航して来る。
 現在の北洋丸は入札により売却される。

コメントを残す