美しい音色で聴衆魅了 稚内吹奏楽団ファミリーコンサート

 稚内吹奏楽団のファミリーコンサートが7日夜、文化センターで開かれ、団員たちが息の合った美しい音色で450人余りの聴衆を魅了した。
 当初は定期演奏会として開催する予定だったが、コロナ禍で練習時間が取れなかったことなどから入場無料にし、親子連れが気軽に来場できるよう〝ファミリーコンサト〟と銘打って開いた。
 杉谷賢俊さんの指揮で団員たちは第1部でドラゴンクエストⅠ「序曲」などクラシックを演奏。第2部ではアニメ鬼滅の刃メドレーなどを披露し、最後はアンコール曲「スーザス・ホリデイ」で演奏を終えた。
 昨年11月下旬の定期演奏会以来1年ぶりとなるステージを終えた飯沼剛団長は「緊急事態宣言の影響で練習時間が短い中での開催となりましたが、無事に終えることが出来ました。沢山の来場ありがとうございました」と話していた。

コメントを残す

前の記事

天北堆

次の記事

時の話題 「新庄劇場」