時の話題 「眞子さんの結婚」

 若い人の純粋無垢な愛はいいものだ。テレビを見ていて感涙してしまった。至上の愛ということなのだろう。
 天皇陛下の弟君・秋篠宮ご夫妻の長女眞子さんと小室圭さんの結婚記者会見は一言で表現すると純愛を貫き感動的であった。
 天皇家の女性と結婚しようとする小室さんへの週刊誌を中心としたバッシングは実母とその婚約者の男性との金銭トラブルもあってエスカレートした。
 事実と違う事も書かれPTSD(心的外傷後ストレス障害)になったと言われる眞子さんだが、小室さんとの結婚の意思は固く皇室を離れてまでとする決意に秋篠宮さまも圧倒されたのだろう。結婚の宴も国からの支度金も受け取らないなど、皇族として極めて異例な結婚となった。
 今回の眞子さんの結婚までの過程に若かりし頃の熱情を感じた方々もいるだろう。一般市民とて結婚は人生の一大事であり障害の末結婚に辿り着いたカップルもあろう。人生の伴侶となる人と結ばれるのは喜ばしい事だが愛し合っていても事情があり結婚できなかった男女もあろう。
 よく男女の縁の事を赤い糸で結ばれると表現されるが、男女それぞれ何千何百という人の中から互いに1人に絞るのである。まさに奇跡である。
 眞子さんと小室さんは米国ニューヨークで新婚生活を始めるようである。お手伝いがいるのだろうか―など老婆心さえ出てくるような危な気な二人だが、私達がそうであったようにどうにかやっていけるもので、早く子をつくり秋篠宮ご夫妻を喜ばせてあげるよう願っている。

コメントを残す

次の記事

天北堆